You are here: Home // 仕事効率化 // iFacialMocap – DevelopW LLC

iFacialMocap – DevelopW LLC

7月 15, 2022 | コメントは受け付けていません。

DevelopW LLC - iFacialMocap アートワーク iFacialMocap
DevelopW LLC
ジャンル: 仕事効率化
価格: ¥980
リリース日: 2020年1月13日

iFacialMocapは、iOSアプリで表情をキャプチャし、PC上の3DCGソフトウェアとリアルタイムに通信できます。また、メールでFBXエクスポートを行うことが出来ます。PC側のソフトウェアでは、VRMモデルの読み込みを行えます。

詳細な使用法は、次のURLから参照できます。
https://ifacialmocap.com/home/japanese/

【このアプリで出来ること】
このアプリは、Maya、Unity、3dsMax、BlenderとWiFi経由でリアルタイムで通信することにより、顔のアニメーションを作成できます。また、Maya、Blenderではアニメーションをベイク処理することができます。iOS端末内で録画したモーションをFBX Ascii形式でエクスポートできます。

このアプリは、iOSアプリ内にVRMアバターをロードできます。また、このアプリは、PC上のVMagicMirrorや、Luppet、HANA_APPなどのVRM関連アプリと連携させて頂いております。

【使用条件】
・iOS端末でWiFiを受信できる環境である必要があります。

・受信するPCとiOS端末は同一のルーターに接続されている必要があります。(同一のルーターであればPC側が有線、iOS側が無線でも動作します。)

・iOS端末がFaceIDを搭載している必要があります。

【使用方法】
使用するには、まずモバイルアプリを起動してから、PC側で受信するソフトを起動し、iPhoneのIPアドレスを入力します。

PC用で受信するソフトは以下のURLからDLします。
https://ifacialmocap.com/download/japanese/

次に、命名規則に従って最大52個のモーフターゲット(BlendShapeまたはShapeKey)を作成します。最後に、3DCGソフトウェアを使用してスクリプト/アドオンをロードし、PC側でwaitボタンまたは再生ボタンを押した後に、Connectボタンを押します。

非常に高精度な顔のモーションキャプチャを非常に簡単に実行できます。


【対応端末】
このアプリは、FaceIDを搭載したiPhoneX以降のiPhone,iPadでのみ使用することができます。
FaceID対応端末は以下になります。

・iPhone
iPhone13 mini
Phone13 Pro Max
iPhone13 Pro
iPhone13
iPhone12 Pro Max
iPhone12 Pro
iPhone12
iPhone 11 Pro Max
iPhone 11 Pro
iPhone 11
iPhone XS Max
iPhone XS
iPhone XR
iPhone X


・iPad
iPad Pro 12.9 インチ (第 5 世代)
iPad Pro 12.9 インチ (第 4 世代)
iPad Pro 12.9 インチ (第 3 世代)
iPad Pro 11 インチ (第 2 世代)
iPad Pro 11 インチ

※2020年に発売の新しいiPhoneSE第2世代にはFaceIDが搭載されていませんが、iOS14以降にアップデートすれば使用できます。iPhoneSE第2世代に限らず、A12以上のチップを搭載している場合、iOS14にアップデートされている場合、使用できます。

© © iFacialMocap

Tags: