You are here: Home // 仕事効率化 // iよむべえ – Amedia Corporation

iよむべえ – Amedia Corporation

9月 03, 2020 | コメントは受け付けていません。

Amedia Corporation - iよむべえ アートワーク iよむべえ
Amedia Corporation
ジャンル: 仕事効率化
価格: ¥3,680
リリース日: 2014年2月14日

活字文書の認識および読み上げをおこなうアプリ。視覚障害者向け。

注意: アプリのサイズが大きいため、ダウンロードに時間がかかることがあります。

使い方:

VoiceOver機能を有効にしてご使用ください。画面下にふたつのボタンがあります。「カメラ」ボタンを押すと、写真を撮影して認識します。「アルバム」ボタンを押すと、アルバムに入っている写真を認識します。認識結果は自動的にクリップボードに保存されます。

3本指で左右にスワイプすると画面を切り替えることができます。最初の画面は「テキスト」モードで、これは認識結果をひとつながりの文章として読み上げます。2番目の画面は「ブロック」モードで、これはタッチすることで画像中の文字のおおまかな位置がわかります。3番目の画面は「設定」画面で、ここでは撮影と認識に関する設定が変更できます。

「設定」画面の項目には「フラッシュ」「撮影方式」「撮影ガイド」「画像の保存」「認識言語」の5つがあります。「フラッシュ」項目は、フラッシュのオン・オフを設定します。「撮影方式」項目は、手動・自動・連続のどれかの方式を設定します。「手動」撮影ではシャッターボタンを押すと画像が撮影されます。「自動」撮影ではカメラが安定し、焦点が合った瞬間に撮影されます。「連続」撮影ではシャッターを切るまでにカメラがとらえたすべての文字が認識されます。「撮影ガイド」は撮影時の音声ガイドを設定します。「効果音」ガイドを使うと、文字らしきものを検出した時に音が鳴ります。文字の数が多ければ多いほど音が多くなり、また文字が中央に集中しているほど高い音になります。「ライブ読み上げ」ガイドでは、文字が検出されると振動してそれを読み上げます。「画像の保存」項目をオンにすると、撮影した画像が「iよむべえ」フォルダに保存されます。「認識言語」では、撮影した文字を認識する言語を設定します。

© © 2016 Amedia Corporation

Tags: