You are here: Home // 写真 // StarsPhoto-星を撮ろう – Masahiro Nakamura

StarsPhoto-星を撮ろう – Masahiro Nakamura

6月 19, 2024 | コメントは受け付けていません。

Masahiro Nakamura - StarsPhoto-星を撮ろう アートワーク StarsPhoto-星を撮ろう
Masahiro Nakamura
ジャンル: 写真/ビデオ
価格: ¥300
リリース日: 2018年10月8日

“旅先で見たきれいな星空、デジカメなら簡単に撮影できるって言うけど、どこのどんな星を撮っているかも真っ暗でわからないのに、難しくってできない!”そんなあなた。

StarsPhotoは星空の写真がだれでも簡単に撮れる、いままでのプラネタリウムアプリとはちょっと違う新しいアプリです。
カメラのアクセサリーシューにStarsPhotoを入れたスマホを取り付ければ、スマホ画面がファインダーに早変わり。今カメラが向いている方向の星空がわかります。

今までと違うのは、空を見上げて苦しく変な姿勢でカメラをのぞきこまなくてはならなかった星空撮影が、 StarsPhotoを使えばスマホをのぞいて楽な姿勢でできます。
希望の星座に向けたらあとはカメラのシャッターを押すだけ(カメラの設定もお忘れなく)。誰でもきれいな星空を簡単に撮ることができます。

また、ベテランの星景写真を撮る人、天体のタイムラプス動画をとる人にも有効なタイムラプスシミュレーション機能があります。
数分後、数十分後の星の移動位置がわかり、どのくらいの時間、何枚撮影するか前もってどのような位置に星座があればいいかすぐにわかります。

StarsPhotoを入れたスマホをカメラに取り付け、夜空に向けてください。
星空はいつでもあなたとStarsPhotoを待っています。


特徴

1) カメラ、レンズの画角表示!しかも、中心位置だけでなくカメラの回転も連動!これで構図を決められます。星が見えない暗いカメラのモニタ、ファインダーを見なくともスマホ画面を見ながら構図位置決めができます。

2)スマホをカメラに水平に設置!いままでのように空にかざして見上げながら首が痛くなることはなしに、画面を上からのぞき見て楽に構図は決められます!!
これはカメラにスマホを取り付けた状態で星座が確認できるもっともよい方法です。
しかも精度は高精度。(スマホ性能に依存します)
スマホ向きは変更可能(水平、垂直)なので従来通り見上げながらの使用もできます。

3)タイムラプス長時間露光星景支援機能
タイムラプスだけでなく、比較明トレール写真のような長時間露光撮影を支援する「タイムラプスシミュレーション」!
構図の中でどのように星が動くかあらかじめ確認できるので、撮影後に狙った星が構図から出てしまったといった失敗がなくなります。
撮影露光時間と動画作成時のスピード(fps)を設定できるので完成時の動画のようにシミュレーションできます。

4)星名、星座線、赤経赤緯線、方位、高度線、地平風景など各種表示切替もあり、通常のプラネタリウムソフト機能も豊富!

*このアプリは、使用にあたり以下の部品が必要です。

・スマートフォン三脚アダプター=Velbon 三脚アクセサリー スマートフォンホルダー 三脚取付可能 392794 相当品
・1/4インチ ネジ ホットシュー アダプター=
ETSUMI ネジ付シュー E-6283相当品

*使用マニュアルはブログにて公開中
https://starsphotonahooh.exblog.jp/i2/

© © 2020Nahooh

Tags: