You are here: Home // ミュージック // Synclavier Go! App and Plugin – Synclavier Digital Corporation Ltd

Synclavier Go! App and Plugin – Synclavier Digital Corporation Ltd

5月 01, 2021 | コメントは受け付けていません。

Synclavier Digital Corporation Ltd - Synclavier Go! App and Plugin アートワーク Synclavier Go! App and Plugin
Synclavier Digital Corporation Ltd
ジャンル: ミュージック
価格: ¥2,440
リリース日: 2019年1月23日

Synclavier Go!は、1980年のSynclavier® IIデジタルシンセサイザーを本格的に再現したアプリです。この歴史的な機材は1980年5月に音楽シーンに突然現れ、その後10年にわたりデジタルミュージック機材の革命的な先駆者になりました。

Synclavier Go!は、オリジナルのベロシティ/プレッシャーセンシティブキーボード(VPK)のボタンパネルを、iPadの非常に感度が高いジェスチャ認識機能に適合させて提供しています。中身はパワフルなCSynclavier DSPエンジンで、パーシャルティンバー(Partial Timbre)、パーシャルフレーム(Timbre Frame)、周波数変調またはFMシンセシス(FM-Synthesis)と加算合成(Additive-Synthesis)の方式を備えています。

しかし、それだけではありません!オリジナルのSynclavier®ハードウェアは8ビットのオーディオ解像度で、かろうじて豊かなストリングス、強固なパッド、そしてSFエフェクトを作成できました。それだけでも、とても面白く注目を得るものでした。その当時、私たちは10ビットや12ビットのオーディオ解像度を夢見ていました。ビット数が高くなれば、音の可能性がとてつもなく大幅に向上することはわかっていましたが、その当時のハードウェアでは実現不可能でした。

Synclavier Go!のビット深度のセッティングは、まさに度肝を抜かれるほど素晴らしい最初のコントロールです。もちろん、その時代に開発された出荷時オリジナルのティンバー(Timbre)が979も含まれているため、まずはそれらからブラウジングしましょう(当時“プリセット[Preset]”は未知語だったため、各サウンドを“ティンバー[Timbre]”と呼んでいました)。4ビットのデジタルグランジは、純正のノブを回すことで、12ビットのシルキーでスムーズなサウンドに変わります。

Synclavier® Knobは、初めて紹介された時も革新的でしたが、今でも特殊です。このノブは変化率コントローラーです。目を閉じて、右脳に任せてサウンドデザインのプロセスを始めましょう。数字を忘れ、桁も忘れ、耳に従ってデザインしましょう。タッチスクリーンとSynclavier® Knobを使ったサウンドデザインは、Synclavier®がFairlight CMIとは完全に異なるように、マウス操作のGUIとは完全に違います。

Synclavier Go!の機能には下記が含まれています。
• セットアップと操作の詳細が学べる、埋め込まれた“ツアー(Tour)”ページ
• ティンバー(Timbres)の保存と呼び出しを行う、ライブラリー(Library)ブラウザー
• 96-ボタンの本格的なVPKインターフェース
• 16 “ティンバーディスケット(Timbre Diskettes)” (8バンク x 8 エントリー)
• 44.1/48 kHzのオーディオ設定、そしてサンプルレイテンシーのコントロール
• 16-トラックのマルチティンバー導入
• 16-トラックのコンポジットステレオAudiobusアウトプット
• ハードウェアモデリングを使用して、細部に至るまでこだわったSynclavier FMサウンドの再現
• AudiobusやiTunesのファイル共有を使って、ティンバー(Timbres)を簡単に共有
• ピッチベンド、MODホィール、ベロシティ&プレッシャーのためのダイレクトエクスプレッションルーティング
• Ableton Linkがリピート(Repeat)/アルペジエイト(Arpeggiate)と同期

CSynclavier DSPエンジン
• 12のパーシャルティンバー(Partial Timbres)
• ディレイ-アタック-ディケイ-リリース(Delay-Attack-Decay-Release)のエンベロープジェネレーター
• 1つのパーシャル(Partial)に対して100のティンバーフレーム(Timbre Frames)
• ノイズフロア(Noise Floor)とビット深度(Bit Depth)のコントロール
• マイクロチューニングのコントロール
• ダイナミックエンベロープ(Dynamic Envelopes)とキーボードエンベロープ(Keyboard Envelopes)
• ビブラート(Vibrato)とトレモロLFO (Tremolo LFO)
• オリジナルの機材とサウンドの本格的な再現

Synclavier Go!は、iOSバージョン9.0以降を使っているすべてのiPadモデルに対応しています。最初のiPad 1を除いて、すべてiPad、iPad Mini、iPad Air、iPad Proのモデルが含まれます。ご利用のデバイスで対応している最新バージョンのiOSを推奨します。

Synclavier Knobはエキサイティングで本格的なオプションですが、Synclavier Go!では必要ありません。

私たちは2.0リリースに向けて努力しています。この歴史ある機材が、エキサイティングにリニューアルしたアプリを共に活用していきましょう!

ご両親へのメモ: Synclavier Go!は教育に適しているだけではなく、歴史的であり純正なアプリです。このアプリは、ティーンエージャーがサウンドやサウンドデザインのテクニカルな要素を、楽しく勉強が身につく環境で学ぶことができます。

© © 2020 Synclavier Digital Corporation Ltd

Tags: