You are here: Home // ゲーム // 霜夜ゆく – Kyohei Yamada

霜夜ゆく – Kyohei Yamada

10月 05, 2021 | コメントは受け付けていません。

Kyohei Yamada - 霜夜ゆく アートワーク 霜夜ゆく
Kyohei Yamada
ジャンル: ゲーム
価格: ¥120
リリース日: 2021年10月3日

『霜夜ゆく』は方程式・ローグライク・アドベンチャーゲームです。

 トム・ゴドウィンによる50年代のSF小説の金字塔『冷たい方程式』はご存知でしょうか?
 多数の人命を賭した荷物を持ってギリギリの重量で航行する宇宙船。そこに密航していた予定外の人物。
 密航者を船から放り出さなければ宇宙船は重量オーバーで本来の航路を辿れず、目的地での人命救助を行えない。
 だが宇宙空間に放り出されれば、密航者はもちろん死んでしまう。
 それでも助かる命の数を考えれば、多くの命を救うために密航者を殺して棄てるしかない——これが『冷たい方程式』の、そしてそこから派生した「方程式もの」と呼ばれるジャンルの作品の基本構造です。

『霜夜ゆく』はこの『冷たい方程式』をインスパイアしており、基本的な流れは「方程式もの」に沿っています。
 舞台は冷たい宇宙空間を漂う一機の宇宙船——宇宙船というよりは植物の種のような形状のその船は超小型・超軽量を目指して設計された最終緊急艇(Final Emergency Boat = FEB)と呼ばれる船です。

 この作品が「方程式もの」であるからには、密航者の存在があります。
 小説『冷たい方程式』のヒロインは、兄に会うために密航した、か弱い少女でした。
『霜夜ゆく』の少女は違います。彼女はドギーと呼ばれる人造人間です。ドギーには人間との区別のために獣の耳が生えています。人間と同じように肉と骨と血を備えた身体ですが、人間より遥かに強靭で聡明です。

 彼女と協力しながら、不用品を探して投棄しましょう。そして彼女を載せたことで発生した余剰重量——見た目よりいくらか、だいぶん、その、なんというか、かなり重いその重量を補いましょう。そして、まだ宇宙が完全に冷たく、冷え切ってはいないことを証明しましょう。さぁ、パイロット、あなたの出番です。

© © 2021, Kyo YAMADA

Tags: